2012年09月20日

「テーマパーク8020ハチマルニマル」へ行こう!

 
皆様こんにちは

 

唐突ですが!
「8020(ハチマルニイマル)運動」をご存知ですか?

小中学校などで、聞いた覚えのある方も多いのではないでしょうか?
いや、覚えておいてほしいな〜。
「8020(ハチマルニイマル)運動」とは、
1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している
「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。
 
 
-------------------------------------
<参考>
厚生省「成人歯科保健対策検討会中間報告」1989年(平成元年)―抜粋―
「残存歯数が約20本あれば食品の咀嚼が容易であるとされており、例えば日本人の平均寿命である80歳で20本の歯を残すという、いわゆる8020運動を目標の1つとして設定するのが適切ではないかと考えられる。」
-------------------------------------
 
 
「20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができる」というのが
この運動の基本理念といえます。

 

ではでは更に、
「テーマパーク8020ハチマルニマル」をご存知でしょうか?


「テーマパーク8020ハチマルニマル」は、日本歯科医師会のホームページ内にある、
★歯とお口のことなら何でもわかるテーマパークなのです!★
-------------------------------------


「テーマパーク8020ハチマルニマル」はこちらから!

park.jpg
http://www.jda.or.jp/park/


-------------------------------------


テーマパークというだけあって、トップページデザインを見ても、
なんだかワクワク楽しそうな雰囲気に満ちてますネ!


子供達と一緒に、歯の事を学ぶには最適なのではないでしょうか。
個人的には、フロスの塔のイラストがちょっと笑ってしまいました。

 

テーマは大きく6つに分かれています!

●お口の病気と治療
●全身との関わり
●お口の仕組みと働き
●お口の119
●お口の予防とケア
●雑学いろいろ


さすが、日本歯科医師会のホームページだけありますね!
昨今注目されている歯と体との関わりも取り上げられていて 、
それでいて難しすぎず、順序だっていて、
非常にバランスのとれた構成になっているな〜と感心しました。
今、知ってほしい事が凝縮されている!という感じです。
 


ではでは、
私的にナイスだな〜と思った内容をかいつまんで紹介させていただきます!

 

やはり!
「全身との関わり」の中身が気になったわけですが、

さっそく「お!」っと思ったのが、
歯の健康とメタボリックシンドロームについてです。


-------------------------------------


●歯の健康とメタボリックシンドローム 抜粋
http://www.jda.or.jp/park/relation/index.html


メタボリックシンドロームとは肥満、高血糖、高血圧などの危険因子が重なった状態のことをいいます。
これらの危険因子が重なることにより、「脳卒中」「心筋梗塞」「糖尿病」などの生命にかかわる病気の発症する確立が、格段に高くなります。
国内外の疫学調査から、糖尿病(高血糖)や肥満のある人には歯周病が多く、しかも重症になりやすいことがわかっています。
その一方で、様々な研究から、自分の歯でしっかり噛んでゆっくり食事をすることが肥満の予防につながることが明らかになっています。また、近年、糖尿病患者に対し歯周病の治療・管理を行なうことにより、血糖コントロールが改善したとの報告がなされており、糖尿病(高血糖)と歯周病の間には双方向の関係があるのではないかと注目を集めています。
なによりも、メタボリックシンドロームの要件である、肥満(内臓脂肪の蓄積)、高血糖、高脂血、高血圧のすべてに深く関連しているのが食生活であり、バランスの取れた適切な食事を摂るためには、歯の健康が欠かせません。
生活習慣病やメタボリックシンドロームの予防を進めるための基本は「バランスの取れた適切な食生活」であり、それを支える入口・土台ともいえるのが「歯の健康」なのです。

-------------------------------------


いかがでしょうか?
実に奥深く、そして分かりやすく伝えていますね。
歯の健康の改善が、体調の改善に関係してくるなんて
前知識がないと、なかなか普通は考えられないものです。


 
サイト内では、関連付けてつぎつぎと他の内容も教えてくれる感じです!
 
 
「歯の健康とメタボリックシンドローム」の項目では、

順に肥満→歯周病→喫煙→肥満予防 と、
流れの中でトータルに歯と体の関係を学んでいけるようになっていて、
とても理想的です。


 
他の先進国と比べて、予防の概念が希薄な日本ですが、
今後ますます歯科が一般化、予防傾向になってくる事を望みます!

 

より多くの方が「歯」を大切にする事を理解することで、
より健やかな国づくりにつなげるんだ!
ぐらいの気概が私たち医師にも必要ですね!


 
「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえる」という事のありがたみは、
実際、自分の歯が一本一本減ってゆき、
不具合を感じるまではなかなか感じられるものではありません。

「8020(ハチマルニイマル)運動」のようなメッセージを広げる事で、
予防する「力」を各々が身に付けていければいいですね!


予防という意味では、
ネットの知識を活用できるのは現代人のメリットかもしれません。
 
しかしながら、一度はプロの予防を経験しないと、
ネットに書いてある事も、ちゃんと理解するのは難しいだろうな。。。
というのが正直なところです。
 
歯の磨き方や、歯茎のマッサージ方法なんかは、
手加減しながら試してみてもよいと思いますが、
 
フロスの力の入れぐあいや、コツなんかは、プロのやり方を見て参考にしないと
弱すぎても、強すぎてもいけないという部分がナカナカ理解できないと思われます。
個人差の部分も、ネットからは判断しづらいですしね。

とうぜん、病気になってしまってからは
圧倒的に医師のいうことを素直に聞くという事をおすすめします!
 
サイトの予備知識を得たことで、
治療した気分になってしまうのはとても恐い事です。
 
ネットで見たよくない症状と、自分が同じかも?と感じたら、
 
迷うことなく
 
「自分のスケジュールチェック」→「歯科へ予約」が正しい流れですよ!
 
 
 

ではでは。

 

高橋

K .高橋

posted by 医療法人 高橋歯科医院 インプラント 矯正 ホワイトニング 審美歯科 ホワイトアンドスマイル at 08:45| 日記・コラム